エレン・コッヘル

フレンドリー・ワークスペース(スイス健康促進財団) 公認アドバイザー

エレン・コッヘルは、経済学者であり、スイスと米国の両方でワークプレイス・ウェルネスのコンサルタントとして認定されている。ワークプレイス・ウェルネスとコーチングの修士号、またコーチとして国際コーチング連盟(ICF)や全米健康・ウェルネスコーチング委員(NBHWC)の認定を取得。米国出身で、30年以上スイスに在住。金融業界で10年働いた後、ライフスタイルを変え、過去20年以上、職場のウェルビーイングに専念。世界中の数多くの組織が、持続的に収益を向上させる包括的なウェルビーイングを理解、評価、実践できるよう、伴走してきた。

コンサルタント、コーチ、著者、講演者として、エレンは国際コーチング連盟、全米ウェルネス協会、グローバルウェルネス協会などの理事を務めたり、表彰を受けたりしてきた。また、ウェルネスと多文化コンピテンシーの分野での優れた貢献に対してサークル・オブ・リーダーシップ賞を受賞している。

夫と3人の子供とともにスイス・ジュネーブに在住。