スピーカー

アンドレアス・バオム大使

アンドレアス・バオムは、1963年スイスのチューリッヒに生まれる。1989年ローザンヌ大学医学部より博士号を取得した後、米国ジョンズホプキンス大学高等国際関係学大学院にて国際関係・経済学を専攻し、1990年同学院より修士号を取得する。1991年スイス連邦外務省入省し、ベルン、ジュネーブ、トルコ共和国アンカラにて外交官研修を受ける。1993年スイス連邦外務省に戻り、政治部Iに所属。1996年外務事務次官秘書官となる。2000年駐カナダ大使館公使。2004年8月ニューヨーク国際連合スイス連邦代表部公使。2008年から2012年まで駐ナイジェリア 特命全権大使 (在アブジャ。チャド、ニジェール兼轄)。2012年から2016年まで駐イスラエル特命全権大使。2016年から駐インド特命全権大使 (在ニューデリー。ブータン兼轄)。2020年10月より日本駐在。

高津 尚志

IMD北東アジア代表

日本興業銀行(金融)、ボストンコンサルティンググループ(経営戦略)、リクルートホールディングス(人事管理、人材開発、組織開発)でのキャリアを通じ、一貫して、グローバル化する日本企業の支援に従事してきた。現在は、その経験を統合し、スイス・ローザンヌに本拠を置くIMDビジネススクールの日本での代表として、日本企業のグローバル幹部育成支援に取り組んでいる。多くの日本企業と、IMDの公開短期プログラムや企業カスタマイズプログラムなどを通じたコラボレーションを実現。IMDは日本の経営幹部育成領域での主要プレイヤーとなっている。グローバルリーダーシップ、企業内学習、女性リーダーシップ、デジタルビジネス変革(DX)、コーポレートガバナンスなどの分野でのIMDの知見を出版、記事、講演などの形で紹介し、日本の経営リーダー層との対話にも取り組んできた。韓国と台湾も担当。早稲田大学卒業、仏INSEADでMBAを取得、東京の桑沢デザイン研究所でデザインを学んだ。

アンドレ・ツィメルマン

リンツ&シュプルングリージャパン株式会社 代表取締役
在日スイス商工会議所(SCCIJ)会頭

スイス出身。長年にわたり在日スイス商工会議所の役員を務めた後、2019年2月に同会議所の会頭に選出された。日本でのキャリアは1989年からスタートし、その後Telekurs Financial (現SIXファイナンシャルインフォメーション)の取締役社長として職務を担うなど、日本での経験を積む。2005年から2007年まではスイス対外経済庁のロケーション・スイス在日上席代表、2007年からはマティサ・ジャパンの取締役社長を務めた後、2010年に現職であるリンツ&シュプルングリージャパン株式会社の代表取締役に就任。欧州ビジネス協会(EBC)の役員を務めた。イギリスのヨーク・セント・ジョン大学でMBAを取得。

石原 直子

リクルートワークス研究所 主幹研究員

銀行・人事コンサルティング会社を経て2001年よりリクルートワークス研究所勤務。タレントマネジメント、ダイバーシティ&インクルージョン、リーダーシップ開発などを中心に人材マネジメントの研究に従事。2015年より研究所の機関誌「Works」の編集長を兼務。著書に『女性が活躍する会社』(共著、日経文庫)がある。

ダン・スレーター

Delphi Network ディレクター

エコノミストグループの企業ネットワーク(ECN)の部長を4年間務めた後、2013年に、東京を拠点としたビジネスインテリジェンスおよびネットワーク構築のサービスを提供するDelphi Networkを設立。 ECN在職中には、外国企業に勤務する日本人従業員を対象とした新しいプログラムを設計したことでカンパニーアワードを受賞したり 政治や経済的な変化について頻繁にCNBCとBBC出演で解説し、会員数をほぼ倍増。それ以前は、同地域の主要な金融雑誌およびウェブサイトであるファイナンスアジア誌の中国特派員兼副編集長を務めた。12年間に渡り同社にて、中国の民間部門の台頭、世界貿易機構(WTO)への加盟、香港株式市場を通じた国有企業(SOE)の法人化、および躍進を遂げる起業家たちの影響を取材。アリババのジャック・マー氏が著名人になる遥か前にインタビューした最初の記者の一人。当時の台湾の陳水扁総統による深刻な不正行為を露呈した。オックスフォード大学で東洋学(古典中国語)の学位を、ロンドンスクールオブエコノミクスで国際関係の修士号を取得。英語の他、中国語、フランス語、ドイツ語を駆使する。

マティアス・ロイエンベルガー

ノバルティス・インターナショナル、スイス カントリープレシデント

ノバルティスのスイスのカントリープレジデントを務める。当職務において、スイスのノバルティスの執行委員会議長を務め、当社のスイスにおける政治関係を担当し、Interpharma、Scienceindustries(社長)、economyiesuisse(副社長)、HKBB(バーゼルシュタットとバーゼルランドの商工会議所)といったビジネス関連の協会や団体にてノバルティスの代表としての職務を担う。
ノバルティス入社前は、9年間、ボストンコンサルティンググループのチューリッヒと東京オフィスに勤務。ベルン大学では法学を専攻し、1993年には司法試験に合格、1995年には博士号を取得。家族は妻1人と子供3人。

髙倉 千春

ロート製薬株式会社 取締役

1983年、農林水産省入省。1990年にフルブライト奨学生として米国ジョージタウン大学へ留学し、MBAを取得。1993年からはコンサルティング会社にて、組織再編、新規事業実施などにともなう組織構築、人材開発などに関するコンサルティングを担当。その後、人事に転じ、1999年ファイザー株式会社、2004年日本べクトン・ディキンソン株式会社、2006年ノバルティスファーマ株式会社の人事部長を歴任。2014年7月に味の素株式会社へ入社し、2018年4月から現職。味の素グローバル戦略推進に向けた、グローバル人事制度の構築と実施をリードしている統括。2020年7月より現職。

土屋 恵子

アデコ株式会社 取締役ピープルバリュー本部長

GE東芝シリコン(現モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ)のHR責任者、ジョンソン・エンド・ジョンソンのHRヴァイス・プレジデント、シスコのシニアHRマネージャーなどの役職を務めたのち、2015年にアデコグループ・ジャパンへ入社。アデコではHRの責任者を務め、企業変革の原動力としてリーダーシップ開発、人材開発、新しい働き方の仕組みの導入といった主要施策の実施を主導。土屋はビジョン経営と組織・人材開発のエキスパートとして、これまでにも複数の組織変革をリードした経験を有している。また、パフォーマンス・マネジメントに関する幅広い知識と経験を持ち、近年ではニューロサイエンスを活用した人材開発について研究している。その成果は、アデコグループ・ジャパンにおける施策に反映されている。ケース・ウェスタン・リザーブ大学経営大学院組織開発修士課程修了。

梅澤 亮

イーストベンチャーズ株式会社プリンシパル

10年間のフィリピン滞在を経て、2007年上智大学・比較文化学部卒業。在学中の2005年からインターンとしてジェイ・シードに参画し、複数の投資先企業で事業立ち上げやマーケティング業務に携わる。2008年から株式会社トラフィックゲート(現リンクシェア・ジャパン株式会社)にてiPhoneのアドネットワーク事業やアプリプロデュースを経験したあと起業。その後上場企業などの顧問や株主として累計30社+に携わり、グローバルスタートアップタクシー配車アプリの日本法人HAILO株式会社の代表取締役社長、バケーションレンタル事業を展開しているNASDAQ上場企業HomeAwayの日本支社長、ソーシャルマッチングアプリ最大手のTinder日本支社長を務め、現在はスタートアップに出資している他、EastVentures株式会社にて投資先支援を担当+株式会社nommocの立ち上げ中。ライフワークとしては2010年及び2014年にSt. Gallen SymposiumにLeaders of Tomorrowに選出、続く2011年には世界経済フォーラム(World Economic Forum:通称ダボス会議)グローバルシェイパーズコミュニティ(Global Shapers Community)日本の若手リーダーに選出され活動。

石山 智恵

ジャーナリスト・TV ラジオキャスター

大学卒業後、NHK名古屋放送局にて夕方ニュースなど担当。 98年上京。NHKBS「経済最前線」キャスターを10年間務める。 トップインタビューのコーナーでは、国内外の100人を超える企業経営者にインタビュー。欧米やアジアでの現地取材や中継リポートも担当。 08年よりNHKラジオ第一、午後のワイド番組「つながるラジオ」、BS-TBS働く女性のドキュメンタリー番組「女子才彩」キャスター。女性たちの働き方・生き方を綴ったノンフィクション「わたし色の生き方」出版(PHP研究所)。3年間の渡英を経て、再び、現職NHKラジオキャスターに。ロンドンシティ大学大学院ファイナンシャルジャーナリズム修了。

岩井 睦雄

日本たばこ産業株式会社 取締役副会長

1983年に東京大学経済学部を卒業し、同年に日本専売公社(現日本たばこ産業)に入社。経営企画、ビジネスディベロップメントの分野を中心に幅広い役職を歴任。取締役 常務執行役員 企画責任者を経て、スイス ジュネーブを本拠に120ヵ国以上でJT海外たばこ事業を展開するJT InternationalのDeputy CEOに就任。2016年から2019年まで代表取締役副社長たばこ事業本部長を務め、2020年より現職。一般社団法人日本アスペン研究所の理事も務める。

嘉納 未來

ネスレ日本株式会社 執行役員 コーポレートアフェアーズ統括部長

大学卒業後、損害保険会社の顧客サービス部門での勤務を経て、2000年ネスレ日本株式会社お客様相談室に派遣社員として勤務。2001年ネスレ日本入社、リレーションシップマーケティング室にて対話を通じた「ネスカフェ」ファンのロイヤリティー向上に取り組む。2005年スイス本社の消費者対応部門のプロジェクトに参加、帰国後、2006年お客様相談室長、2008年メディアリレーションズ室長、2015年エクスターナルリレーションズ部長を経て、2017年8月より現職。社内外の広報を統括し、社員、メディア、行政、有識者、NPO、地域コミュニティをはじめとする社内外のステークホルダーとの関係構築に取り組んでいる。

アラン・ロベール

UBSウェルスマネジメント 副会長

2010年にUBS文化財団の会長に就く。1979年にヌーシャテル大学経済学部を卒業後、スイス・ユニオン銀行に入社し、1998年まで海外およびスイスでさまざまな職務に従事。 1997年、ジュネーブ地区のヘッドに指名される。2001年にUBSグループ経営委員会のメンバーに任命された後、数々の幹部職を歴任。 2007年から2009年の間、スイスウェルスマネジメント&商業銀行部門ヘッドを務める。 2009年以来、法人・企業金融部門ヘッドとして、重要な機関顧客を担当。加えて、2009年からは、UBS社会・教育財団の会長として従事するなど、ビジネスと文化の分野でも活躍している。

迫田 雷蔵

株式会社日立アカデミー 取締役社長

1983年、日立製作所入社。一貫して人事関係業務(HRM)を担当。HRビジネスパートナーとして、重電、デジタルメディア、ICT等幅広い事業部門を経験するとともに、本社にて処遇・福利やタレント・マネジメントの専門家として制度の企画立案を担当。2005~2009年、米国に本社があるHitachi Data Sysytems(現、Hitachi Vantara)でHR部門Vice Presidentに就任。その後、2011年に日立がグローバル人財マネジメントプロジェクトをスタートした際、初代グローバルタレントマネジメント部長となる。2014年に中国・アジア人財本部長(在、香港)、2016年に人事勤労本部長等を経て、2017年に日立総合経営研修所取締役社長に就任。DX推進とグローバル化加速の為、2019年、社内の3研修機関を統合して日立アカデミーが設立され、初代取締役社長に就任した。